ビフィズス菌の働きについて

健康に欠かせないビフィズス菌の働きについて

乳酸菌に興味のある方ならこのビフィズス菌という言葉は必ずと言っていいほど知っていますよね。
私たち人の腸の中には、実に驚くことに100兆個もの細菌が存在しています。この莫大な数には驚かされますよね。種類にすると100〜500種類に分類されるようです。
その中で、最も健康によい影響を与えてくれるのが【善玉菌】
逆に悪い方へと導くのが【悪玉菌】
と言われ、効能からして、どちらにも属さいないのが【日和見菌】
乳酸菌(ビフィズス菌)は健康に良い影響を与えてくれる【善玉菌】のサポートをしてくれます。
元気いっぱいの善玉菌は腸内の環境を整えていき、便秘であったりお肌の荒れ・溜まりがちな老廃物といった私たちの悩みの種を絶やしてくれます。
腸の働きがよくなることによってさらに体全体の健康あるいは免疫力が増してくるというからいかにこのビフィズス菌を取り入れることが大切か理解できますよね。

 

ビフィズス菌を含む乳酸菌には、免疫細胞であるTh1細胞やNK細胞が活発になり免疫力アップ!。
便秘の対策にもなり、腸の働きがよくなる事で同廃物が排出されやすい体質へと改善。
代謝が高まることからダイエット効果も期待できます。
また、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸もつくります。
(酢酸は殺菌力が強いことが特徴)
上記でも記載しているように、免疫力の活性化に伴って花粉症の予防・アトピー性皮膚炎の改善・中性脂肪やコレステロールの低下といった効果も期待できます。
高血圧を正常に戻すといった効能もあり、善玉菌を増やしその働きを高めることは健康だけでなく美容においても、なくてはならないもの。

ビフィズス菌をサプリから取り入れよう。

ビフィズス菌は、自ら酢酸を作りますが、外部による酸には非常に弱い。
このため、摂取しても胃酸でやられてしまい、せっかくの働きも期待できません。
そこで役に立つのが熱に強く胃酸にも負けない優れたカプセルに梱包され乳酸菌サプリ。
これなら、胃を通過し、ビフィズス菌を腸まで届けることが可能。

 

健康づくりに欠かせないビフィズス菌を摂取しよう

20代以降の成人の腸で良好に保っている人に共通して言えることは、腸内細菌の中で「15〜20%が乳酸菌」でること。そして悪玉菌は3%程度と言われています。
悪玉菌を全て排除してしまえばよいというものではないのですね。
ただ、腸の内部がアルカリ性に傾いってしまうと腸に多大なダメージを与えます。
毒素が体内に溜まりやすくなり、生活習慣病を含めてあらゆる病気を引き起こしやすくなります。アルカリ性を酸性にし善玉菌が働きやすい環境を作るためにも乳酸菌やビフィズス菌が必要になり腸内を良好に保つためにも大切。

 

ビフィズス菌の他にも腸の健康を維持するのに役に立つ乳酸菌はあります。
たとえばフェカリス菌であったりラクリス菌・ラクトバチルス菌・クレモリス菌など。
それぞれに効果・効能はありますが、選ぶにあたって覚えておきたいのは

 

腸まで乳酸菌が届くこと。

(胃酸でやられてしまい、仮に腸までたどり着いてもその働きが期待できないのであれば摂取する意味はない)

 

私たち人の腸に定着する乳酸菌であること

(現在、腸に生息している善玉菌と含めた細菌が新たに摂取した乳酸菌を異物とみなし排出させようとおいやります。取り入れても、働きがないまま排出されてしまっては意味がありません。このため長く腸に定着し腸内細菌と手を取り合い、働きを高めていける乳酸菌がベスト)

 

 

たくさんの人に購入されている乳酸菌サプリをランキングで紹介されています。

 

 

 

 

また、ある乳酸菌を摂取することでビフィズス菌が増えたという研究結果が出ています。
その乳酸菌とは?

 

興味のある方は

 

 

 

 

ビフィズス菌について色々と知りたい方は、上記を参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

上記で記載していますが、ビフィズス菌は胃酸に弱い。
このため腸まで届くカプセルで作られたサプリが必要になってきます。
選び方をしっかりと把握し、適したサプリを購入しましょう。

 

また、効果についてもまとめているので、参考にしてくださいね。
まずは老廃物を排出(デトックス)しやすい体質へ!

 

そしてビフィズス菌といえばやはり便秘の対策に役立つ。

 

また善玉菌を増やすことにもつながります。これにより多くの悩みの改善にもつながることから

も参照してくださいね。

乳酸菌サプリについて

乳酸菌の効果

乳酸菌の種類

最新記事